デモ隊に遭遇

b0347198_01044516.jpg
ここ最近、天気の定まらないミュンヘンです。雪が降っては晴れて溶けて、また降って。



b0347198_01053641.jpg
天気予報によると、次の日にまたガッツリ雪が降るとのことだったので晴れているこの日のうちにタンマリとお散歩をしておくことにしました。




b0347198_01044508.jpg
歩道は奇麗に雪かきがされていて歩きやすかったです。




b0347198_01044558.jpg
す: 雪が積もってても晴れていれば楽しいお散歩なのーん。



b0347198_01044545.jpg
今回のお散歩ではもう一つ別の目的がありました。テクテクと歩いて、この古着回収ボックスへやってきました。ドイツでは町中のアチコチにこういう古着回収ボックスが置いてあって、要らなくなったお洋服や靴はここにホイホイ入れていきます。これでホームレスの方々や、貧しい国の人たちにお洋服を譲ることができます。




b0347198_01044571.jpg
袋に詰めた古着をボックスの上にある引出しから投入。これでクローゼットがちょっとスッキリしました♪人様のお役にも立てて気分もスッキリ。



b0347198_01044559.jpg
さて、今日は夜の散歩でデモ隊に遭遇してしまいました。沢山のポリツァイ(警察)が出動中。




b0347198_01044574.jpg
ドイツではここ最近、ペギダ(西洋のイスラム化に反対する愛国的ヨーロッパ人)という反イスラムのデモ隊がよく行進を行っています。この日のデモには2300人ほどの反イスラムデモ隊が出ていたそうです。怖いのでお散歩は切り上げてそそくさと帰ってきてしまいました。(←とてもチキンな私たち)



ペギダ(Pegida - Patriotische Europäer gegen die Islamisierung des Abendlandes)の動きはドイツ全国の各地に広がっていて、それぞれの地名の頭文字をとってミュギダ(ミュンヘンの反イスラム団体)、ベギダ(ベルリン)、レギダ(ライプツィヒ)、デュギダ(デュッセルドルフ)などなど・・・そんな団体が無数に出来上がっています。が、これらの団体に反対する人たち(イスラム教や外国人に寛容な人々)も黙っちゃいません。常にこんな反イスラム団体よりも大幅な人数の人たちがカウンターデモを行っています。私たちがこの日に遭遇したデモでも、両方のデモ隊が対峙していました。外国人の私としては、寛容な人たちがたくさんいるとちょっと嬉しくなったりしますが・・・やはり気分は複雑です。



b0347198_01044593.jpg
す: 小難しい話やねー。寝たら全部スッキリするよ。



b0347198_01053766.jpg
そんなスッキリの達人、すずやんのヒゲは拡大してみるとパックリ枝毛。平和やねー・・・。



b0347198_01535578.jpg
す: なんなら鳩なんかよりもパグを平和の象徴に採用していただいても結構ですけど?ギャラは豚耳でヨロシコ。



[PR]
by mopsblog | 2015-01-28 02:01 | ドイツのこと