飼い主の修行

すずを我が家に迎えて1ヶ月以上が経ちましたが、今のところすずへのトレーニングらしいトレーニングはあまりできていません。新米飼い主ゆえ、これまで色んなことをすずにどう教えていいのか模索し、日々のお散歩や餌やりのタイミングに慣れようとしたりしつつ、一方で余りに多すぎる躾情報に翻弄され気味でもありました。更に引越ししたてで新居の内装も未だに片付いていなかったり。中でも一番大きな問題だったのは私と若旦那の間で躾の方針が全く一致していないことです。お姑さんもそこに2週間加わり・・・。

最近はどんな風にトレーニングしていこうとか、こういうトレーニング方法があるとか言う情報をまとめることだけはできた(というよりも、多すぎる情報を淘汰できた)のでこれから計画に従ってトレーニングしてみたいところですが、やはりまずはこれを若旦那に承認してもらわなくてはいけません。


私はすずの躾の方法を本やインターネットで見つけようとするのですが、若旦那は「俺は犬を飼っていたんだから俺にしたがえ!」の一点張りで私が調べた情報はあまり真剣に聞いてくれません。若旦那に従うこと自体は構わないのですが、若旦那が犬を飼っていたのって、自給自足のロシアの荒野で半分狼みたいな犬を外で放し飼いしていた時のこと。餌も人間の食事の残り物があればあげたりなどの話だったり。こ、これに従うのですか・・・。(汗)


あと言葉もちょっと問題。私たちはドイツに住んでいるのでこれからドイツで犬の躾教室にも通わせたいし、コマンドは全てドイツ語で出しているんですが、若旦那がやたらと自分の知っている日本語のコマンドをどうしても使いたがり、一部日本語ですずに命令します。お手やお座りは「お」を省いて「て」とか「すわり」とか言ってます。。。中途半端な。(苦笑)


やはり前途多難です。(-_-;)



b0347198_16192106.jpg

[PR]
by mopsblog | 2014-10-04 18:22 | 修行パグ